製品&サービス
 
 
HOME  >  製品・サービス  >  AirTriQトップ
 
 

   
spacer
 
※AirTriQ(エアートリック)はユニシスグループのユニアデックスと共同でご提供します。
Information
  最新情報はありません。

 

AirTriQとは

 
  高度なセキュリティで安全、かつ快適なオンラインストレージです。
  ブラウザを使用し、いつでもどこでも大容量ファイル授受を可能にします。
  数百メガバイトのデータアップロードも可能なデータ転送サービスです。
 

サイズの大きいデータ転送でお困りではありませんか?

 
  mail 大容量のデータファイル転送は困難
分割送信は面倒
セキュリティが心配
  メールでは・・
 
  mail ・CDなどのメディア + 宅急便では、時間がかかる
・バイク便はコストが高い
  可搬メディアでは・・  
 

       無料ファイル転送サービスも世の中にはありますが・・・・セキュリティが心配

 
  無料ファイル転送サービス業者の事業目的の多くは、広告送付とメールアドレスの収集です。
個人契約や無料サイトでは、誰が・いつ・どこへ・どんなファイルを転送したのかを把握することができません。
  また深刻な問題のひとつはデータの削除がファイル転送業者任せのケースがほとんどなことです。
利便性を追求するあまり、メールにURLなどを貼り付ける方法を採っていたりSSL(伝送経路の暗号)化されていないファイル転送サービスも散見され、有害サイトも増えているのが現状です。
  さらに無料ファイル転送サービスは不特定多数に公開しているため、アクセスが集中すると非常に動作が重くなりイライラさせられることもしばしば。
 

  AirTriQであればセキュリティは万全

 
  SSLとパスワードによるセキュリティ。
  データセンターは厳重に入退室管理されています。
  ファイルの保存期間に制限はありません。
  →データのバックアップエリアとして利用されてもOKです。
  外部取引先とのデータ共有に最適に設計されています。
  取引先ごとにID/パスワードを管理者が自由に設定できます。
  →複数の取引先との同時データ授受が可能です。
  社内からはローカルフォルダーと同じ感覚で使えるWEBフォルダインタフェース。
取引先、自宅や出張先からはブラウザインタフェースのWインターフェースをご提供。
 

  AirTriQの利用利点

 
   コスト削減への貢献
  ビジネスを展開していくのに必要なセキュリティを確保したIT環境を構築するには非常にコストがかかります。
ある調査会社によれば機器コストのうち20-30%が初期導入費用、残りの70-80%は運用・管理コストだといわれています。
  例えば、50万円でファイル転送サービス用のサーバを導入したとしても、ビジネスの安全性と信頼性を保つためには、OSのアップデート、ウィルス対策、バックアップ、ユーザ対応などで200万円もの運用管理コストがかかってしまうことになるのです。
 要するに・・・
        セキュリティシステム構築コスト
    サーバー管理
    運用コスト
    サポート
  にいたるまですべてが料金に含まれています
お客様は必要な容量を必要な時にご利用するだけで、余計なコストや手間を考える必要は一切ありません。
 
AirTriQの利用料金、及び設定コースに関してはこちらをご覧下さい。